時計業界の時代は変わっている

時計業界の時代は変わっている

ジュネーブの毎年恒例の時計フェア、化学物質と機械の後、まだ国の第3の最大の輸出国である産業のスイスの世界的なプロモーションです。弊店はNOOB製のウブロコピー、パネライコピー等のスーパーコピー時計を工場直販しています。

サロンインターナショナルデラHaulogerie(SiHH)は、メーカー(イベントはRichemontとその多くのブランドによって支配されている)と小さな職人のワークショップは、ディーラー、コレクターと一般市民に最新の製品を表示します。

あなたの地元のデパートで利用できる4日間のイベントでショーに多くを見つけることはありません。しかし、驚くべき複雑さの何十万もの原価計算の時計を見つけるポンド“スイス製”ラベルはまだ機械的な監視の品質の特徴と見なされます。ますますデジタル時代にアナログがまだ規則的なところです。

業界は、2018年に一般的に健全な売上高の後、今週集まりますセクター不安世界貿易については、SmartWatchの上昇と業界全体のリストラは、成長と投資にブレーキをかける続けている。

も時計自体が変化している示しています。SihhとArchval Baselworldは、2010年の目のために彼らの競争を緩和するために入札で将来の日付を同期させることに同意しました世界産業は、主要市場、時計の過剰供給、中国の「贈与」(贈収賄)に対する取締りの低下によって引き起こされた特に2016年と2017年の間に変化する必要があった。そして、テロのため、一部のヨーロッパの都市で観光を抑えました。

Fabienne Lupo、会長と女性が管理しているフォラデラHaulogerie(Shihを組織する)の常務は、産業が「危機期間」を通り抜けたと言います。しかし、痛みを伴うリストラと仕事の損失の後、彼女は「傾向はかなりよく見えている」と言います。