性人形工場における男性の欲望について学んだこと

性人形工場における男性の欲望について学んだこと

私が壁に取り付けられた頭の列に乗ったので、私の最初の印象は、私が狩猟小屋に入るということでした。彼らの静的な目は中間距離で訓練されて、1対のために保存します。私は、「こんにちは」と言うように不器用に微笑んで、それからすぐにその生涯の凝視から離れました。To get more news about ラブドール, you can visit jpdolls official website.

私は、セックススタンドの製造者Realdollのロビーにいました。これは、私が会社のサンディエゴ本部に訪問したことに期待していたことでした。

1990年代後半のティーンエイジャーとして、私はHBOのEdgyドキュメンタリーシリーズ本当の性の夜間エピソードを鳴らして、Realdollの創設者、マットMcMullenとファンタジーの彼の工場を特徴としている1つを捕えました。RealDropは彫刻されたシリコーン完全さ、バービーのような比率と唇を提供しました。私は14歳の私は自信を持って国家を見た:“我々はあなたのためにあなたの夢の女の子を構築することができます。

ほぼ20年後に、RealDoll本部へのリポーターとしての私の訪問は、個人の巡礼のように感じました。それは2017年1月であり、ドナルドトランプは、単に“プッシー”で女性を“つかむ”彼の能力について自慢した後、オフィスに誓っていた。私は、これらの無生物の市場は、女性の性的な誘惑と至福の客観化の類似した種類の反映でした。RealDropは、主に“男性”モデルは、その販売のわずか10 %の会計と引用符を引用符“女性”人形を販売しています。毎年、同社は約6000ドルの作品から約350〜400ドルを販売している。

しかし、私のツアーガイド、暖かい目と親切な笑顔の女性は、ガードから私を捕まえた。時々、彼女は、顧客が要求した顔は、故人の配偶者の顔に基づいて顔を出す。彼女はすぐに私を振ったが、私は頭を見つめて、代わりに止まった。嘆き悲しむ夫は、私がここで見つけると思っていた何かでありませんでした。多分、私はよりよく知らなければならなかったでしょう。