セックスドール売春宿を追い払うことを望んでいるヒューストン

セックスドール売春宿を追い払うことを望んでいるヒューストン

ヒューストンのロボット売春宿を始動しようとしているカナダの会社は、キリスト教の反ポルノグループ、テキサス知事グレッグアボットとヒューストンの自身の民主党の市長から若干のハードコアな抵抗に会います。To get more news about ラブドール, you can visit kireidoll official website.

「それは私がヒューストン市で欲しいビジネスの種類ではありません」と、シルヴェスター・ターナー市長は言いました。そして、彼がその問題を調査している都市の健康と都市部があると言いました。

キンキーS人形、それは自分自身を呼び出す最初の“大人の愛の人形は、あなたが北アメリカ  でサービスを購入する前に家賃を”、人間のような人形を販売しています。それは非常にすぐに売春宿を開くことを望みましたが、現在赤いテープハードルに直面しています。

現在、建物の「停留所建設」命令があります、そして、Kinky S人形が都市建設許可を得るまで、それは前進することができません。

セックスドール売春宿を禁止するどんな都市条例でもないように見える間、エリヤRisingと呼ばれている非営利団体は、ヒューストンからロボット売春宿を保つ嘆願書のために12600以上の署名を集めました。

「我々は、このシステミックな問題の終わりを見たい」とエリヤ・ライジング・メンバーのデイビッド・ガンボアが言った。「このロボットのことはポルノに非常に似ています、男性がポルノに関与するとき、それはどんな種類の人間関係からでも彼らを切り離します、そして、我々はセックス買い手でそれに気がつきました。」

しかし、Kinky S dools所有者ユヴァル・ガビエルは、クライアントがすぐに彼の重宝された人形でセックスのために並んでいることを望んでいます。